観光バスのバスツアーは観光時間にゆとり

先日あるテレビ番組で日本人と外国人との時間の感覚についてということが取り上げられていました。

日本人は比較的時間にきっちりしていて、外国人はルーズなところがあるということです。

確かに日本では交通網は時間できちんと管理されています。

外国においては守られないことが多いといいますから驚かれるということを聞きます。

交通網以外においてもそういうことがあるのかということです。

そちらの例において日本人と外交人がバスツアーに行くという企画がありました。

これは番組用にわざわざ企画されたものです。

通常よりも観光時間を少なめにしたものということでした。

すると日本人と外国人で大きく差が出たということです。

番組上とはいえはっきりしたものです。

日本人は観光時間が決められていればいくら時間が短くてもその時間内に戻っていました。

一方外国人はとにかく観光し放題でかなり時間に遅れて戻ってきていました。

もし待っていないようなものであればおいていかれることになるかもしれません。

それを見ていて思ったのですがやはり観光として時間を取るのであればゆっくりとできるもののほうがよいということです。

こういったツアーに参加する人はこの場所が始めてという人が多いと思います。

始めてきたところはじっくり見たいものです。

ある程度時間に縛られるのは仕方がないですが余裕を持ったバスツアーのほうがよいということです。

ツアーに参加するときに観光時間の配分などを見ておきたいです。